ウィキペディア、フリー百科事典から

その日の絵

この記事は、脊髄の前交連についてです。脳の前交連については、前交連を参照してください。 脊髄の前部白い交連.mw-parser-output span.smallcaps{font-variant:small-caps}.mw-parser-output span.smallcaps-smaller{font-size:85%}図664–延髄の横断面胸部中部の棘筋。白い交連は緑色で強調表示されます。詳細識別子ラテン語Commissura alba前延髄棘筋、アルバ前延髄棘筋TA98A14.1.02.305TA26125FMA77035神経解剖学の解剖学的用語[ウィキデータで編集] ザ・ 前部白い交連 (腹側の白い交連)は、灰白交連(レクセドの層X)のすぐ前(前)の脊髄の正中線を横切る神経線維の束です。一次運動野からの運動信号を運ぶ前部皮質脊髄路の線維と同様に、脊髄視床路に痛みの感覚を運ぶデルタ線維(Aδ線維)とC線維がこの交連に寄与します。 5つの感覚モダリティのうちの2つ、痛みと体温は、前部の白い交連で側面を横 (記事全文...)

前部白い交連